最新情報

2011年1月14日立候補地問題
2018年冬季五輪3立候補地最終ファイルを提出。2011年7月6日にオリンピック会場決定。
2010年8月16日ニュース速報
日本陸連も注目?2018年冬季五輪からクロスカントリーランニングの新種目を検討。マラソン選手参加で日本メダル増も有り得る?
2010年7月25日立候補地問題
国際スキー連盟のキャスパー会長はドイツ・ミュンヘンを奨励?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

2018年冬季五輪3立候補地最終ファイルを提出。2011年7月6日にオリンピック会場決定。

国際スキー連盟は12日、2018年冬季オリンピックに立候補しているドイツ・ミュンヘン、韓国・平昌、フランス・アヌシーの3箇所の最終ファイルの提出を発表しました。

 これにより最終的に再び検査、5月18日、19日に発表される国際オリンピック委員会のレポート作成、そして7月6日に2018円冬季オリンピックの会場が正式に決まります。

 残り半年ちょっととなった冬季五輪ですが、果たしてどこがオリンピック会場になるのか注目です。個人的にはアルペンスキーの新種目「シティーイベント」を行ったドイツ・ミュンヘンが一歩リードしているのではないかと思われます。

タグ

2011年1月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:立候補地問題

日本陸連も注目?2018年冬季五輪からクロスカントリーランニングの新種目を検討。マラソン選手参加で日本メダル増も有り得る?

国際オリンピック委員会(IOC)は2018年の冬季オリンピックからアフリカの選手の出場機会を増やすため、クロスカントリーランニングという新種目の追加を検討しているようです。

参照:http://news.smh.com.au/breaking-news-sport/crosscountry-running-for-winter-games-20100813-121s7.html

ただ、この新種目である「クロスカントリーランニング」ですが、結局はマラソンと同じではないか、夏季五輪に加えるべきではないかという意見も飛んできそうで、論争を巻き起こすのではないかと思います。

 冬季五輪はあくまでも雪や氷の上で行うべきイベントであり、もしこのクロスカントリーランニングを追加するのであれば雪上マラソンになってしまうのではないかと思われます。

 仮にもし新種目として追加されるのであれば、日本陸連も当然動くのは目に見えており、日本のお家芸である「マラソン」の選手達が参加し、メダルの可能性もグッと上がるというメリットもありますが、果たしてどうなるか・・・。

 夏季五輪に比べ参加国が少ない冬季五輪ですが、2018年冬季オリンピック開催地を決める2011年7月のIOC第123次総会がアフリカのダーバンという場所だけに、アフリカからの意見も多く飛んできそうな気がします。

タグ

2010年8月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ニュース速報

国際スキー連盟のキャスパー会長はドイツ・ミュンヘンを奨励?

政治、経済問題が必ずと言ってもいいほど問題になるのがオリンピックですが、国際スキー連盟(FIS)の会長であるキャスパー会長はドイツのミュンヘンを奨励しているという「ミュンヘンびいき」の記事がski2b.comにありました。

 確かに来年はFISワールドカップにアルペンスキーチャンピオンズカップを組み込み、ドイツ・ミュンヘンの街中でワールドカップが行われるという新しいイベントが開催されるので、キャスパー会長がドイツのミュンヘンを押すのは当然かもしれません。

 以前にも言いましたが、このアルペンスキーチャンピオンズカップをドイツのミュンヘンで行った場合、韓国とフランスアヌシーはかなり不利になるのではないかと予測しました。このイベントはロシアの2014年冬季オリンピックの新種目になる可能性が高く、すでにパラレルGSが2010年の段階で新種目候補の1つに挙げられています。

 決勝を街中でやるわけですが、その試験的なレースを2010-2011シーズンのFISワールドカップスキーに盛り込まれ、10月の開幕戦であるセルデンで予選、決勝は1月2日のミュンヘンとなっています。これを国際スキー連盟はワールドカップ並びに冬季オリンピックのメインイベントに持っていくように現在仕掛けを行っているようなので、ドイツで開催されるのは2018年立候補地の中で大きなアドバンテージを持つことになるのではないかと思います。

 何はともあれ、ドイツはそれだけ2018年冬季五輪に熱を入れているということでしょう。1年後に2018年のオリンピック開催地が決まるので、その前にドイツは手を打ってオリンピック開催にこぎつけようという戦略ではないかと思います。

*下記の動画は2014年ソチオリンピックのPRイベント「アルペンスキーチャンピオンズカップ」。これが2011年1月2日にドイツのミュンヘンで「ワールドカップ」として正式開催される

参照記事:http://www.ski2b.com/821-e_243742.html

タグ

2010年7月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:立候補地問題

このページの先頭へ